読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾桃園国際空港 でSIMを買ってみた

久しぶりにブログ再開です。

今回はこないだ台湾に行ったときの番外編です。

私は一人でいつも海外に行くときは現地でSIMを買います。

端末は〇オクとかで海外携帯とか探せばいろいろと出てきます。

初めてタイに行ったときはブラックベリーシムフリーを日本で買い持っていきましたがアジア圏ではsimロックがかかってて結局バンコク

サムソンの安いスマホを買いなおしました。

その携帯でもよかったのですがカメラがしょぼかったので今回の旅行は

オクで買い替えたXperia M dual を持っていきました。

海外モデルなので事前に日本語キーボードをインストール。

あとライン、MAP、翻訳ソフトなどのアプリも入れていきました

桃園国際空港に到着し出国。

わたしは第一ターミナルでしたので出迎えロビーをでて右手に行けば

各社携帯会社カウンターがありました。

 

f:id:fiftyoyaji:20150206170229j:plain

基本はデータ通信だけでいいのでBを買いました。

パスポートとスマホとお金を渡すとあとは設定までしてくれました。

f:id:fiftyoyaji:20150206170503j:plain

デュアルSIMなんでdocomoと中華電信のsimが入ります。

f:id:fiftyoyaji:20150206170753j:plain

一応両方使えます。

でもDoCoMoを切っとかないとローミング代がかかるから設定でオフに。

これで普通に使えます。

これをテザリングしてルータ変わりにすればipadも使用可能。

滞在中Googleで行きたいとこを言えばバス番号とかまで出てくれて

迷うことなく楽しい旅行ができました。

 

 

 

台湾桃園国際空港-Taiwan Taoyuan International Airport

 

中華電信:CSR領航者,提供雲端服務(Hami+)、寬頻上網、資訊安全、多螢服務及資費優惠方案 | Chunghwa Telecom